20〜30歳代 職歴なし資格

職歴なしという逆境をひっくり返すための戦略とは?

「こんなはずじゃなかった・・・・」

20代も半ばあるいは30代なのに職歴がなければ将来が不安で仕方ないはず。

日本の会社は、学歴、職歴といった経歴の空白期間を極端に嫌う傾向にあります。 履歴書は隙間なく、びっしりと埋められているほうがいいわけなんですね。

しかし、

・学校を卒業してやりたいこともわからずプラプラしていた
・就職活動をしたけど採用されずフリーターになった
・難関資格を目指したがダメだった資格浪人
・大学院まですすみ、学歴はあるがもういい年齢だ
・病気や怪我で思うように就職活動できなかった人

という人は結構いるわけです。日本で一番就職に効果のある「新卒」という資格を
生かすことなく、今に至るという人もいるでしょう。

日本の会社の採用傾向からいって、いい歳して職歴がない人は就職はあきらめろと
いう酷なことをいう人も多いのですが、仕事を選ばなければ就職はできるはずです。

ただし、それでも年齢が若ければ若いほど、早く動けば早いほど有利であり、
何もせずに年齢を重ねれば、それだけ就職への門戸はは狭まってくるのは確か。

そんな職歴なしの人材として価値がないと思われている人間が唯一社会的に
自らの能力を証明でき、一発逆転もありうるのが資格なんです。

職歴がないなら資格を取るのが就職へのきっかけになる

繰り返しますが日本の会社は【25歳以上〜】+【実務経験がない】+【資格がない】
という人間に対しての対応は非常に冷たいです。これははっきりいっておきます。

職歴なしの人にいわせれば、

「就職で重視される実務経験(職歴)を積みたくとも、実務経験がないから採用されない」

という無限ループに入り込んでいることも多いはずです。これでは前に進めないですよね。

そんななかで注目してほしいのが唯一自分の実力と努力でなんとかできる資格です。

資格さえあれば就職できる職種もありますし、面接では自己啓発できる人間として
アピールできるため、資格があるだけで印象は変ってきます。

ホームヘルパー2級を取って施設のバイトを1年頑張ったら正職員にしてもらえた

32歳で宅建の資格を取ってから就職活動し、もぐりこんだ会社で業務に励みながら
司法書士の資格をとって独立した

という人もいるように資格を取ったことがきっかけで人生が好転したというケースは
いくらでもあります。できること、やれることに集中すると道は開けるもんです。

というわけで当サイトでは職歴なしからどうやって就職するか?そのために必要な資格は 何か?
ということを探っていこうと思います。

20〜30歳代の職歴なしから就職できる資格メニュー